【邦画】

「コンフィデンスマンJP ロマンス編」を無料で視聴する方法

「コンフィデンスマンJP ロマンス編」 をフルで無料視聴できる
動画配信サービス&レビュー <ネタバレ注意!?>

confidenceman-jp-top

 

2019年に製作された『コンフィデンスマンJP ロマンス編』

長澤まさみ 主演の痛快コメディが楽しめる映画です。

 

信用詐欺師(コンフィデンスマン)の3人組が香港で大物を狙うというストーリーに引き込まれ、

驚きの結末が待っているのが見どころですね。

 

それでは、登場人物たちの魅力と合わせて感想(ネタバレ注意)、無料視聴の方法などについて紹介しましょう。

 

 

無料視聴できる動画配信サービス一覧(抜粋)
※以下のリンクから登録できます。

他、 ビデオマーケット、Rakuten TV のレンタルができます。
※2021年8月現在

 

*各サービスの登録方法

★dTV に無料で登録・入会する方法

 

★Amazonプライム・ビデオに無料で登録する方法

※他、作成中

 

memo

コンフィデンスマンJP ロマンス編(2019年製作の映画)
監督:田中亮
脚本:古沢良太
主題歌/挿入歌:Official髭男dism

見どころ
2018年に放映されたドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版。信用詐欺師たちが日本を飛び出し、香港で一世一代の大仕事に挑む。監督はドラマ版の演出を務めた田中亮。キャストに『散歩する侵略者』などの長澤まさみ、『寝ても覚めても』などの東出昌大、『不灯港』などの小手伸也、『サバイバルファミリー』などの小日向文世とおなじみのメンバーが結集する。

あらすじ
詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、欲にまみれた者たちから大金をだまし取ってきた。香港の裏社会を牛耳る女帝ラン・リウ(竹内結子)を新たなターゲットに定めた三人は、彼女が持っているはずのパープルダイヤを奪うために香港に行く。なかなかランに近づけずに苦戦する中、天才詐欺師のジェシー(三浦春馬)が同じく彼女を狙っていることがわかり、さらにダー子に恨みを抱くヤクザの赤星栄介(江口洋介)が不穏な動きを見せる。
出典:cinematoday.jp

『コンフィデンスマンJP ロマンス編』出演者: 表示

ダー子(長澤まさみ)
天才的な頭脳を持つ、美しきコンフィデンスウーマン。
さまざまな職業のキャラクターになりきることができるが、ハニートラップのセンスはない。とにかくお金が最優先で、ボクちゃんやリチャードを振り回すことも多々。高級ホテルのスイートルームで生活を営んでおり、そこが3人のアジトにもなっている。
ボクちゃん(東出昌大)
お人好しで小心者の若きコンフィデンスマン。
ダー子やリチャードと行動をともにしているが、真面目な性格のため、ふたりの作戦にノリきれないことも多く、常に振り回されている。ダー子とは幼なじみで、リチャードとも幼いころに知り合っている。
リチャード(小日向文世)
一見、品の良いジェントルマンに見えるが、超一流の変装技術を持ち、ダー子と同じようにさまざまなキャラクターになりすますことができる百戦錬磨のコンフィデンスマン。詐欺にかかる経費や儲けを計算するなど、3人の中で経理担当でもある。
五十嵐(小手伸也)
神出鬼没な腕利きのコンフィデンスマン。悪徳詐欺師だったが、ダー子に心を奪われて以来、改心。二重スパイとして活動するなど、3人の手助けを行なっている。
ラン・リウ(竹内結子)
香港マフィア「射手座集団」を束ねている女帝。
その冷酷さから“氷姫”の異名を持つ。伝説のパープルダイヤを持っていると言われており、ダー子やジェシーに狙われる。
ジェシー(三浦春馬)
天才恋愛詐欺師。
伝説のパープルダイヤを持つと言われているラン・リウを狙う。ダー子とは、過去に恋仲にあった。
赤星栄介(江口洋介)
過去にダー子たちに20億円を奪われた公益財団「あかぼし」の会長。
“日本のゴッドファーザー”とも呼ばれる。ダー子たちを恨んでおり、復讐をしようと試みる。

出典:doga.hikakujoho.com 

 

confidenceman-jp-scene6

 

 

ネタバレ注意!

嘘はいつだって真実より魅力的!
『コンフィデンスマンJP ロマンス編』の感想・見どころ.....。

 

『コンフィデンスマンJP ロマンス編』の予告編

 

想像を絶する大どんでん返し!「衝撃のラスト」まで目が離せない!

 

信用詐欺を働くダー子たち3人がランを騙したかと思いきや、ターゲットが赤星とジェシーだと分かるラストが痛快!

 

confidenceman-jp-scene10

 

常に相手の裏をかくような作戦があり、その内容が明かされる瞬間は爽快な気分にさせられます。

今作ではダー子の憧れの人である「スタァ」や、周囲のロマンスを描くストーリーであることから胸を熱くさせられる展開も多かったですね。

 

個性豊かなキャラクターが作品を盛り上げる!

長澤まさみ演じるダー子のあっけらかんとした性格は見ていて楽しくさせられました。
真面目な役柄も多い長澤まさみですが、はっちゃけてノビノビとした雰囲気で役を演じるのも違った気分にさせられます。

台湾で美味しい料理を食べて満喫し、計画が決まった時のやる気に満ち溢れる姿は特に印象的でした。

confidenceman-jp-scene12

 

他の登場人物も魅力的で、氷姫と呼ばれる女性の役を竹内結子が演じるため凛とした雰囲気がステキ!

confidenceman-jp-scene3

 

また、ダー子の仲間であるボクちゃんが遊園地のヒーローショーの服を着て登場したり、

リチャードがプールで美女と話す姿から映画が始まるので掴みもバッチリです。

 

裏社会で儲ける赤星の冷たい表情や、ダー子たちを追い詰めていく姿勢もハラハラさせられました。

そして、三浦春馬演じるジェシーは「誰でも落とす自信がある」という魅惑的な雰囲気が伝わってきます。

その自信に満ちた演技を見るとダー子が恋心を抱くのも無理はないなと思いましたが…

彼が「スタァ」ではないと明かされるラストは驚きました。

confidenceman-jp-scene1

 

ダー子の弟子として今作で新たに加わったモナコですが、実は内通者としてジェシーと随時やり取りしていたのです。

彼女がジェシーにダー子の想いを笑いながら伝えていましたが、それこそがダー子の作戦。

 

ジェシーへ思いがある素振りを見せてモナコも利用していたとは流石だと思いました。

モナコは責められるかと思いましたが、優しさもあるダー子は彼女を受け入れつつジェシーと赤星をまんまと騙せたことに内心で笑っていたのかもしれませんね。

confidenceman-jp-scene13

 

赤星はダー子からの手紙を見て笑い飛ばし、騙され続けることをどこか楽しんでいたようです。

 

一方、パープルダイヤを赤星に献上できなかったジェシーは、

彼の怒りを買う前にとても怯えた様子で退散する姿は思わず笑ってしまいました。

confidenceman-jp-scene9

 

ダー子と対立する者たちがあるからこそ、さらに映画が楽しめるのだと思います。。。

 

「コンフィデンスマンJP ロマンス編」は、
こちらから登録すれば、すぐに視聴が出来ます!

全世界で最もユーザーが多いVODサービス:Netflix

NETFLIX ・完全無欠のエンタメ体験

・オリジナル作品が豊富
・海外作品が豊富

・選べる料金プラン
【4Kデバイスがないのであれば、下位クラスでOK】
★画質にそこまでこだわらない方:月額990円のプラン
★家族でデバイスを分けて(2つOK)使いたい方:月額1490円のプラン
★4K画質に対応し、同時に4つのデバイス:月額1980円のコース

docomoが運営するVODサービス:dTV



月額500円というコスパのよさ

・月額料金が500円で見放題を楽しめる
・31日の無料お試し期間
・avexとの合弁会社の運営なので音楽ジャンルが強い
【MVはもちろんライブ映像なども充実しています】
・人気のドラマや映画のスピンオフ作品を作るなど、
 オリジナルコンテンツにも力を入れています

Amazonプライム会員の特典、サービスを全て利用できる

・アマゾンプライムに登録している人であれば、
 追加料金なしで楽しめます。
・月額408円~利用可能

・話題のオリジナル見放題作品が豊富
・prime musicで音楽も聴き放題
・prime readoingで
 対象の本、漫画、雑誌が読み放題
・Amazonプライム会員の特典が利用可能

 

TELASA(テラサ)【15日間無料】

 

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS【30日間無料】(レンタル)

 

まとめ

 

ドラマシリーズも話題となった『コンフィデンスマン』が劇場版になってさらにパワーアップしていましたね。

香港を舞台に繰り広げる大掛かりな信用詐欺に騙されながら見るのがおもしろかったです。

 

続編の「プリンセス編」は王女をテーマにした豪華なパーティーが華やかで、赤星やジェシーも登場するのが見どころ。

 

また、2022年には『コンフィデンスマン JP 英雄編』の公開予定なので

再び長澤まさみ演じるダー子の活躍が見れるのが楽しみですね

 

「コンフィデンスマンJP ロマンス編」は『無料で視聴する方法』登録すれば、すぐに観れますよ!

 

 

 

スポンサーリンク

-【邦画】
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 すぅの自分時間(映画・ドラマ紹介ブログ) Powered by AFFINGER5