スポンサーリンク

海外映画

「言えない秘密」 台湾アカデミー賞を総なめした作品

secret

ピュアでミステリアスなラブストーリー

2007年に公開された台湾の音楽学校を舞台にした学園恋愛映画で、

台湾のアーティストのジェイ・チョウが、主役・監督・脚本を1人で担当し

台湾のアカデミー賞など3部門を受賞しアジア全体でヒットした作品です。

 

VOD service
おすすめVOD5選+1!

使ってみよう!VOD(動画配信サービス)! Contents1 使ってみよう!VOD(動画配信サービス)!1.1 そもそも、VODって???1.2 まずは知っておいて!メリット/デメリット2 VOD( ...

続きを見る

memo

2007年製作

監督・主演・脚本・音楽:ジェイ・チョウ

出演者:出演 : ジェイ・チョウ、グイ・ルンメン、アンソニー・ウォン

 

アジアのトップスター、ジェイ・チョウが監督デビューを果たした切ないラブストーリー。

運命の恋に落ちる恋人たちを待ち受ける皮肉な運命を衝撃の展開でみせる。

 

淡江音楽学校のピアノ科に転校してきたシャンルン(ジェイ・チョウ)は、旧校舎の古いピアノで美しい旋律を奏でるシャオユー(グイ・ルンメイ)と出会う。一瞬で惹(ひ)かれ合った2人は学校の帰り道に自転車で2人乗りをしながらお互いのことを語り合い、きずなを深めていく。しかしシャオユーは持病のぜんそくのせいで学校も休みがちになり……。

出典:cinematoday.jp

 

見どころを感想とともに。

 

映画が始まると、まず最初に、ヒロインでもあり、
女生徒シャオユー役のグイ・ルンメイの気の強そうな笑顔が魅力的だと感じました。

 

また、音楽学校が舞台となっている為、ピアノ演奏の場面が多く、
映画の中でも演奏されるテーマの曲は、
最初に聴いた感じはバロック風なのでバッハがヘンデルの曲だと思いました。

しかし、今まで聴いたことのある旋律ではなく、
バロックではあまり使われない半音階で動く部分も目立ち、
バロックよりロマンチックな雰囲気がある曲でした。

作曲者は誰だろう?と考えながら映画を見ていましたが、
この作曲者不明の部分が、この映画タイトルの『言えない秘密』になっていました。

実際に作曲したのは、ジェイ・チョウのようです。

映画の中でのピアノ演奏は、テーマ曲以外にも
主人公とヒロインが1台のピアノで、2人で椅子に座り一緒に演奏する
連弾の場面もありましたが、ここでも心憎いセリフがありました。

VOD service
おすすめVOD5選+1!

使ってみよう!VOD(動画配信サービス)! Contents1 使ってみよう!VOD(動画配信サービス)!1.1 そもそも、VODって???1.2 まずは知っておいて!メリット/デメリット2 VOD( ...

続きを見る

美しいピアノバトルは必見

 

その他、ピアノ演奏の見どころとして、同校の優秀なピアノ科の学生と主人公が
ピアノのテクニックを争うピアノバトルの場面もあります。

テクニックは本物!

このピアノバトルは、

2人が即興演奏で対決しますが、凄まじい演奏で、

主人公も幼少の頃からピアノを習っていたと思われ、かなりのテクニックがありました。

 

即興演奏は通常はジャズで行われ、クラシックで演奏されることは余りないので、

このクラシック音楽での即興演奏対決は珍しいシーンといえるでしょう。

 

シナリオ的には、映画の字幕では、「楽譜の速い部分に秘密がある」というようなメッセージがあり、

速い部分を注目していましたが、結局、何の事だが分かりませんでした。

 

後半からは・・・

 

前半を見た感じでは、このままハッピーエンドで終わるかと思われましたが、

後半に主人公はヒロインに誤解されるような出来事があり、ヒロインは傷付き2人は会わなくなりました。

 

そして、映画の後半では、物語はSF的になり、最初は物語の内容が分からなくなりましたが、

主人公はタイムトラベルを体験しているな、と徐々に分かってきました。

 

このあたりから、物語は現在と過去のストーリーが交差して描かれ始めますが、

このようなストーリー構成も良く考えられているな、と思いました。

 

そして、主人公は、ヒロインは現在存在していない事が分かり、

もう会う事が出来ないことも分かると、取壊しの工事が始まった学校に戻り、

解体工事中にヒロインと出会った想い出のピアノ室で演奏を続けますが、

天井から解体物が落下してくるスリリングなシーンと

激しいピアノソロとの効果で、かなり緊張感のあるシーンとなっていました。

VOD service
おすすめVOD5選+1!

使ってみよう!VOD(動画配信サービス)! Contents1 使ってみよう!VOD(動画配信サービス)!1.1 そもそも、VODって???1.2 まずは知っておいて!メリット/デメリット2 VOD( ...

続きを見る

まとめ

この映画で良かったところは、

ピアノ演奏のシーンで使われた美しい曲も良いと思いましたが、

それよりも、ヒロイン役のグイ・ルンメイの笑顔や表情です。

 

グイ・ルンメイは日本にもファンがいるみたいで、

この映画を一度見ただけでグイ・ルンメイの

ファンになった人も少なくないと思われます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-海外映画

© 2020 すぅの自分時間 Powered by AFFINGER5