【邦画】

「去年の冬、きみと別れ」を無料で視聴する方法

「去年の冬、きみと別れ」をフルで無料視聴できる
動画配信サービス&レビュー <ネタバレ注意!?>

 

fuyu_kimi-top

 

岩田剛典を主演に迎え、『教団X』でもよく知られた作家、中村文則の小説を
映画化したサスペンスドラマ『去年の冬、きみと別れ』のあらすじと見どころを紹介します。

映像化は難しいとされていた作品でもあったが、
設定の変更や大幅な脚色を加え滝本智行監督が見事に映画化に成功!

 

全編《ワナ》だらけの《予測不能!サスペンス》は想像を超える見応え!

 

今回はそんな映画『去年の冬、きみと別れ』の

(ネタバレ)見どころ、無料視聴の方法などについてご紹介しております。

 

無料視聴できる動画配信サービス一覧(抜粋)
※以下のリンクから登録できます。

他、 Rakuten TV、ビデオマーケットのレンタルができます。

※2021年1月現在

*各サービスの登録方法

★U-NEXT に無料で登録・入会する方法と注意点

 

★dTV に無料で登録・入会する方法

 

★Amazonプライム・ビデオに無料で登録する方法

 

※他、作成中

memo

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)
監督:瀧本智行
脚本:大石哲也
原作:中村文則
主題歌/挿入歌:m-flo
出演者:
岩田剛典、山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳、北村一輝

見どころ
『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などの岩田剛典を主演に迎え、中村文則の小説を映画化したサスペンスドラマ。とある焼死事件の真相を追うルポライターが、次第に抜き差しならない状態に陥っていくさまを描写する。『グラスホッパー』などの瀧本智行が監督を務め、主人公の婚約者を『ピーチガール』などの山本美月が好演。そのほか斎藤工、浅見れいな、北村一輝らが共演している。

あらすじ
松田百合子(山本美月)と婚約しているルポライター耶雲恭介(岩田剛典)は、猟奇殺人事件の容疑者である天才カメラマン木原坂雄大(斎藤工)のスクープを狙っている。この事件は世間を大きく騒がせたが、真相はわかっていなかった。耶雲は事件を解明しようと奔走するが、百合子が木原坂の標的になり……。
出典:cinematoday.jp

 

去年の冬、きみと別れの登場人物・キャスト

fuyu_kimi-scene1

©https://wwws.warnerbros.co.jp/fuyu-kimi/cast.html

 

全編《ワナ》だらけ.....。『去年の冬、きみと別れ』の見どころをストーリーと共に

 

ある事故の真相を追い続けるフリーライターの耶雲(岩田剛典)。

fuyu_kimi-scene9

 

耶雲はある事件の真相を突き詰めるべく事件に深く関わる写真家の木原坂(斎藤工)に密着取材をし、その本を出したいと出版社に話を持ちかける。

その事故とは、有名写真家の木原坂が室内で撮影中火事を起こし、モデルの女性が巻き込まれたというものであった。

fuyu_kimi-scene15

 

本当に事故だったのか?木原坂は助けることができたのではないか?
その真相を暴くため、関係者に取材を続けていく。

そんな仕事熱心な耶雲だが、一方私生活では付き合っている女性(山本美月)との結婚を控えている。
仕事とプライベートを充実させていた耶雲。

fuyu_kimi-scene7

 

木原坂を直々に取材し、そして彼を知る人たちへの取材を進めていく耶雲は
彼の生い立ち、姉の存在、出版社の編集者(北村一輝)との奇妙な関係に辿り着き彼の闇にのめり込んでいく.....。

 

取材に没頭するあまり彼女との関係は疎かになり二人に亀裂が生じ、彼女の自信はどんどん薄れていく。
そんな二人の関係を知った木原坂が耶雲の彼女に接近し、撮影のモデルにならないかと話を持ちかける。

彼女はその誘いを承諾し、撮影のため木原坂の家に。
木原坂の撮影が始まり部屋には無数の蝋燭が、、、

 

取材を通して木原坂の性格を知っていた耶雲は、自分の元に一週間戻ってこない彼女の居場所は木原坂の自宅だと考える。

木原坂の家に急いで向かった耶雲だが、到着した時には彼の家は炎で包まれてた。

彼女は炎に包まれて亡くなった。耶雲が真相を追っているあの事故と同じ状況で。

 

彼女を失った耶雲を心配する編集者に彼は暗い表情のまま「待っていてください、僕の原稿が書き上がるのを」と編集者に言葉を残し出版社の元を去る、、、

彼の書き上げた原稿は一部の人のみに届き、その原稿を読んだ”一部の人”は絶望へと突き落とされるのであった。

 

 

「去年の冬、きみと別れ」は、
こちらから登録すれば、すぐに視聴が出来ます!

ないエンタメがない:U-NEXT

見逃し配信バナー

・月額(金額):2,189円(税込)

・ポイント付与 :1,200円分/月

【無料期間中も600ポイント貰える】

・無料お試し期間 :31日間

・見放題作品数 :140,000本

【圧倒的な見放題作品量】

・最高画質 : 4K

・ダウンロード可能本数 :25本

・同時視聴者数 : 4人

・電子書籍サービスも充実! 

 映画館チケットもお得に!

全世界で最もユーザーが多いVODサービス:Netflix

NETFLIX ・完全無欠のエンタメ体験

・オリジナル作品が豊富
・海外作品が豊富

・選べる料金プラン
【4Kデバイスがないのであれば、下位クラスでOK】
★画質にそこまでこだわらない方:月額990円のプラン
★家族でデバイスを分けて(2つOK)使いたい方:月額1490円のプラン
★4K画質に対応し、同時に4つのデバイス:月額1980円のコース

docomoが運営するVODサービス:dTV



月額500円というコスパのよさ

・月額料金が500円で見放題を楽しめる
・31日の無料お試し期間
・avexとの合弁会社の運営なので音楽ジャンルが強い
【MVはもちろんライブ映像なども充実しています】
・人気のドラマや映画のスピンオフ作品を作るなど、
 オリジナルコンテンツにも力を入れています

Amazonプライム会員の特典、サービスを全て利用できる(レンタル)

amazonプライム. ・アマゾンプライムに登録している人であれば、
 追加料金なしで楽しめます。
・月額408円~利用可能

・話題のオリジナル見放題作品が豊富
・prime musicで音楽も聴き放題
・prime readoingで
 対象の本、漫画、雑誌が読み放題
・Amazonプライム会員の特典が利用可能

 

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS【30日間無料】

 

まとめ

 

そして原稿の執筆者である耶雲の本当の目的が明らかとなる、、、

そう、耶雲の真の目的とは、事故の真相を暴くことではなかったのす。

 

その目的とは何か、気になる方はぜひ『去年の冬、きみと別れ』を観てみてください!
きっと観終わってから、彼の真の目的にももちろんですが、作品の題名に「そいういう意味か、、」と
なることでしょう。

 

「去年の冬、きみと別れ」は『無料で視聴する方法』登録すれば、すぐに観れますよ!

 

原作本はこちらからご確認ください。

スポンサーリンク

-【邦画】
-, , , , ,

© 2021 すぅの自分時間(映画・ドラマ紹介ブログ) Powered by AFFINGER5