洋画

「LIFE!/ライフ」を無料で視聴する方法

「LIFE!/ライフ」をフルで無料視聴できる
動画配信サービス&レビュー <ネタバレ注意!?>

 

the_secret_life_of_walter_mitty-top

 

ジェームズ・サーバーの短編小説をノーマン・Z・マクロード監督、ダニー・ケイ主演で映画化した「虹を掴む男」(1947)を、

ベン・スティラーの監督・主演で新たに映画化。

1936年の創刊から2007年に休刊されるまで、世界で幅広く読まれたアメリカのグラフ誌「LIFE」の写真管理部で働く臆病で不器用な男が、人生変える波乱万丈の旅に出る姿を描く。

 

今回はそんな『LIFE!/ライフ』の(ネタバレ)見どころ、無料視聴の方法などについてご紹介しております。

 

無料視聴できる動画配信サービス一覧(抜粋)

他、 Rakuten TV のレンタルができます。

 

*各サービスの登録方法

★U-NEXT に無料で登録・入会する方法と注意点

 

★hulu に無料で登録・入会する方法と注意点

 

memo

 

LIFE!/ライフ (2013)
原題: The Secret Life of Walter Mitty

監督:ベン・スティラー
脚本:スティーヴ・コンラッド
原作:ジェームズ・サーバー
出演者:
ベン・スティラー、クリステン・ウィグ、ジョン・デーリー、キャスリン・ハーン、テレンス・バーニー・ハインズ、アダム・スコット、ポール・フィッツジェラルド、グレイス・レック、アレックス・アンフェンジャー、アドリアン・マルティネス、ジョーイ・スロトニック、シャーリー・マクレーン、ゲイリー・ウィルメス、ショーン・ペン、パットン・オズワルト

解説・あらすじ
『LIFE!』は2013年にアメリカで公開され、2014年に日本で公開されたコメディファンタジー映画だ。本作は1947年に公開されたダニー・ケイ主演の映画『虹を掴む男』のリメイク作品となっている。『ナイト ミュージアム』シリーズでも知られるベン・スティラーが監督・主演を務め、空想癖を持つ主人公の冒険とその中で成長していく姿が描かれている。

 

「世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから」をスローガンに掲げる伝統的フォトグラフ雑誌「LIFE」。主人公のウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、その編集部で働く、ネガフィルムの管理者だ。平凡な人生を送る地味で臆病者の彼は、想いを寄せるシェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)に話しかけられない毎日を送っていた。

そんな彼の唯一の特技は「妄想すること」。空想の世界では、アクションヒーローや勇敢な冒険者となることもできたし、シェリルに対して情熱的な台詞を伝えることもできた。

そんなある日、ウォルターは「LIFE」の表紙に使うための写真のネガが見当たらないことに気付く。ウォルターは写真をくれたカメラマンのショーン・オコンネル(ショーン・ペン)をさがすために、ニューヨークを飛び出し、グリーンランド、アイスランド、ヒマラヤなどをめぐる奇想天外な旅に出ることとなる。

平凡な生活を送る冴えない男の人生を変えるほどの冒険とは――!?           出典:doga.hikakujoho

 

登場人物・キャスト
ウォルター・ミティ(ベン・スティラー)
雑誌「LIFE」の編集部に16年勤めるベテラン社員。ネガフィルムの管理者をしている。幼いころに父親を亡くし、現在は一家の大黒柱として母と妹の生活を支えている。地味で冴えない男だが、真面目なため仕事では信頼されている。空想癖をもっており、深い空想の世界に入り込んでしまうことがある。スケートボードが得意。

シェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)
雑誌「LIFE」の女性社員。ウォルターが想いを寄せている相手。最近離婚したばかりで、スケートボードが好きな12歳の息子を育てるシングルマザーである。

ショーン・オコンネル(ショーン・ペン)
フォトジャーナリスト。命を顧みない冒険家。いつも世界中を飛び回っていて、いつもどこにいるのか分からない。また、携帯電話を持っていないため、連絡を取り合うことも難しい。直接会ったことはないが、誠実で質の高いウォルターの仕事ぶりを高く評価している。

エドナ・ミティ(シャーリー・マクレーン)
ウォルターの母親。穏やかで寛容な性格をしている。ウォルターを自慢の息子として誇りに思っている。

テッド・ヘンドリックス(アダム・スコット)
ウォルターの新しいボス。LIFEの事業再編をするために、ウォルターの前に現れる。

オデッサ・ミティ(キャスリン・ハーン)
ウォルターの妹。いくつになっても、あどけなさが残っている。将来の夢は女優であり、舞台のオーディションをいくつも受けている。
出典:doga.hikakujoho

 

 

ネタバレ注意です!

妄想を抜け出し遥かなる旅へ!「LIFE!/ライフ」の見どころをストーリーと共に!

 

the_secret_life_of_walter_mitty-scene7

 

2013年、アメリカで制作された映画『LIFE!』の魅力を紹介します。

監督兼主演を務めたのは、ベン・スティラー。
『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』など、荒唐無稽なコメディ映画を作ることで有名な同氏ですが、本作では、わりと真面目にヒューマンドラマを描いています。

 

オタク気質の地味な会社員が、世界を駆け回る旅に出て、精悍な男へと成長していく物語です。

 

”ヒーロー” は妄想の世界から現実へ!

 

主人公・ウォルター(演/ベン・スティラー)は、写真雑誌『LIFE!』の会社で、ネガフィルム管理技士として働く男性。

42歳独身です。

 

彼には、自分がヒーローになる妄想に浸る癖がありました。

おそらく普段、全く人目につかない仕事をしている反動です。

そのせいで電車に乗り遅れたり、オフィスで立ち尽くして上司に小突かれたりと、

妄想癖の酷さたるや、生活に支障をきたすレベル。

 

the_secret_life_of_walter_mitty-scene6

 

そんなウォルターが勤めるLIFE!社も、時代の流れを反映して、紙の雑誌から、オンライン雑誌へ移行することに。

そのせいで、ウォルターや同僚たちはこぞってリストラされる事になってしまいます。

 

『LIFE!』最終号の制作にあたって、ウォルターも最後の仕事に取り組むのですが、

肝心の、表紙を飾る写真のネガが見当たりません。

 

ベテラン写真家・ショーン(演/ショーン・ペン)の

最高傑作であり、“人生の真髄”であるという、伝説の写真のフィルム が。。。

 

かくして、フィルムのありかを聞くため、ショーンを探して回る旅が始まるのですが、

 

このショーンがまた、本当にどこにもいないんです。

 

グリーンランドにも。

アイスランドにも。

アフガニスタンにも。

 

行く先々で肩透かしをくらうウォルターでしたが、世界各国の雄大な自然の中を冒険するうち、

彼のメンタルは見違えるほどに成長しました。

 

the_secret_life_of_walter_mitty-scene11

 

LIFE誌のスローガン>
「世界を見よう、危険でも立ち向かおう、壁の裏側を覗こう、もっとお互いを知ろう、
そして感じよう、それが人生の目的だから」

 

「LIFE!/ライフ」は、こちらから登録すれば、すぐに無料視聴が出来ます!

ないエンタメがない:U-NEXT

見逃し配信バナー

・月額(金額):2,189円(税込)

・ポイント付与 :1,200円分/月

【無料期間中も600ポイント貰える】

・無料お試し期間 :31日間

・見放題作品数 :140,000本

【圧倒的な見放題作品量】

・最高画質 : 4K

・ダウンロード可能本数 :25本

・同時視聴者数 : 4人

・電子書籍サービスも充実! 

 映画館チケットもお得に!

海外ドラマ作品にとても強い:hulu

日テレドラマ

親会社が日テレで信頼度はバツグンに高い

・6万本以上の動画が見放題
・月額1,026円(税込み)
・13チャンネルのリアルタイム配信
・字幕・吹き替えが変更可能、英語字幕も
・世界で注目の海外ドラマが充実
・国内ドラマの配信数がナンバーワン
・2週間の無料トライアルができる

 

 

 

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS【30日間無料】(レンタル)

 

 

そして最後に足を運んだヒマラヤにて、ウォルターはついにショーンを発見!

彼は、ヒョウを撮影している最中でした。

 

「フィルムは、君の財布の中にある」と、ショーン。

 

 

灯台下暗し、というやつで、伝説のフィルムはなんと、ウォルターの最も身近な所にあったのです。

 

ちょうどその時、ウォルターとショーンの前に立派なヒョウが姿を現します。

 

絶好のシャッターチャンスなのに、なぜかカメラを下ろし、うっとりとヒョウの姿に見入るショーン。

 

この時彼の口から出るセリフがとっても素敵。

「もしその瞬間が僕にとって大切な瞬間なら、カメラに邪魔されたくない。まさに今がそうだ」

 

こうして二人は、満ち足りた心で、去り行くヒョウを見送るのでした・・・。

the_secret_life_of_walter_mitty-scene4

 

アメリカに戻ったウォルターは、新聞屋の店頭に、LIFE!の最終号が並んでいるのを見つけます。

表紙を飾る写真は、ネガフィルムを熱心に点検するウォルターの姿でした。

 

偉大な写真家・ショーンが“人生の真髄”と評したもの。

それは、地道な裏方の仕事に一生懸命打ち込む人間の姿に他なりませんでした。

 

 

ウォルターは職を失った身でありながら、どこか晴れやかな表情で再び歩き始めます。

「きっと彼なら、どこに再就職しようと上手くやっていける」

・・・そんな安心感を見る側に抱かせる、爽やかな表情で。

 

まとめ

 

ウォルターはずっと、ヒーローになる妄想にばかり耽っていました。

しかし彼は、ラストシーンでその答えを見つけたのではないでしょうか。

ショーンがLIFE!誌の表紙にウォルターの写真を起用した理由。

それは「どんな仕事だろうと、頑張るみんなは一人一人がヒーロー」

というメッセージを伝えたかったからだと思います。

 

たとえ人目につかない辛い仕事でも、頑張りを見ていてくれる人はどこかに必ずいる。

当たり前だけど大切な事に気付かせてくれる映画でした。

 

「LIFE!/ライフ」を、まだ観ていない方は『無料で視聴する方法』登録すれば、観れます!

スポンサーリンク

-洋画

© 2021 すぅの自分時間 Powered by AFFINGER5