スポンサーリンク

洋画

「インターステラー」 を無料で視聴する方法

「インターステラー」をフルで無料視聴できる
動画配信サービス&レビュー <ネタバレすみません>

interstellar-top

無料視聴できる動画配信サービス一覧(抜粋)

*各サービスの登録方法

★U-NEXT に無料で登録・入会する方法と注意点

★hulu に無料で登録・入会する方法と注意点

★FODプレミアム に初回2週間無料で登録する方法

★dTV に無料で登録・入会する方法

memo

ネタバレ注意です!

2014年に製作された『インターステラー』はクリストファー・ノーラン監督のSF映画です。

宇宙に探索しに行った者たちのヒューマンドラマとサスペンスも見逃せない中、予想外な結末が待っていますよ。

広大な宇宙のやそれぞれの星の演出、伏線についての見どころ等を紹介していきましょう。

 

●登場人物
ジョセフ・クーパー(マシュー・マコノヒー/小原雅人)
息子と娘と共に農場を営むが、あることをキッカケに宇宙探索へ行くことになる。

アメリア・ブランド(アン・ハサウェイ/園崎未恵)
博士としてクーパーに同行する船員。

マーフィー・クーパー(ジェシカ・チャステイン/岡寛恵)
ジョセフの娘。家で不思議な現象を経験する。

トム・クーパー(ケイシー・アフレック/加瀬康之)
ジョセフの息子。

TARS (ビル・アーウィン/多田野曜平)
ターズと呼ばれるロボット。探索する際の解析などを行う。

ジョン・ブランド教授(マイケル・ケイン/有本欽隆)
ラザロ計画を考えた教授。アメリアの父。

 

 

VOD service
おすすめVOD5選+1!

使ってみよう!VOD(動画配信サービス)! Contents1 使ってみよう!VOD(動画配信サービス)!1.1 そもそも、VODって???1.2 まずは知っておいて!メリット/デメリット2 VOD( ...

続きを見る

ネタバレ注意です!

壮大な物語・・・「インターステラー」の感想をストーリーと共に

 

interstellar-scene3

 

 

地球は砂嵐の発生により食糧難の危機が迫っている中、

NASAの最後の探査船に乗って調査しに行くストーリーは緊迫感の連続。

 

そうした合間にクーパーやロボットのターズの発言が笑えたりするのが良いですね。

 

例えば今回の探索の名前が「ラザロ計画」と言うのに対し、クーパーが「一度死なないと蘇らない計画なのか?」と言ったり、ターズは人間を信用しすぎない所々の対応が面白いのです。

 

もちろん、サスペンス性も高く、探索船に乗った船員や先発隊の生死に色々と思うことも多いでしょう。

 

宇宙を舞台にした映画だからこその、孤独と戦う者や大切な人を失うまでタイムリミットが迫る演出は見ものでした。

 

演出にも注目

 

演出と言えば、宇宙船が飛び立つシーンや他の惑星の美しさが見どころでしたね。

 

interstellar-scene8

 

一回目の星では旋回しながら到着し、大津波が迫ってくる中で波を回避するためにスレスレで宇宙船が飛ぶという脱出までハラハラの連続です。

 

次の寒冷な星では真っ白な景色が素敵だと思う中、先発隊である仲間の裏切りにより命を懸けて宇宙船に乗り移るシーンも凄かったです。

 

回転し続ける宇宙船の演出は早すぎず、クーパーたちの苦しそうな表情がしっかり把握できるようになっているのも注目でしょう。

 

そうした登場人物のセリフと表情をじっくり吟味しながら見ていける作品です。

 

interstellar-scene2

 

 

伏線と予想外の展開に驚き

 

途中で「愛情は科学的でないからこそ信じるべきか?」というセリフが最後の5次元のシーンに影響してきましたね。

 

科学者の解析があったからこそ探索先の星を見つける中で、科学を超越するのが愛や思いといったものだというのです。

 

ブラックホールであるガルガンチュアに入ったクーパーが5次元の世界で時間と空間を超越し、マーフィーに会いに行く…クーパーが宇宙に行く前に家でマーフィーが「STAYというメッセージを受け取った」と不思議なことを言っていましたが、その伏線が回収されたのがこの5次元でした。

 

マーフィーへの思いがあって彼女の部屋と繋がり、本棚の裏という視点からメッセージを送る…この発想はノーラン監督ならではだと思いましたね。

 

interstellar-scene7

 

5次元の世界からの干渉は重力や時間。

そのためモールス信号に変わるメッセージを本を落として伝えたり、腕時計の秒針を操作したのです。

他の映画では体験できないような発想、そして演出が魅力だと言えますね。

 

まとめ

 

クリストファー・ノーラン監督が描くSFの世界観は見ていて驚きの展開があるのが見どころです。

 

発想がすごく、結末にかけて明かされていく謎は引き込まれました。

 

宇宙船や惑星の演出も見ものであり、そうした尺を長く撮ることでじっくりと見ていられるのが『インターステラー』の良さでもあります。

 

時間をかけてゆっくり鑑賞するのがおすすめですよ。

 

「インターステラー」を、まだ観ていない人は『無料で視聴する方法』登録すれば、観れますよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-洋画

© 2020 すぅの自分時間 Powered by AFFINGER5