スポンサーリンク

邦画

「嘘を愛する女」を無料で視聴する方法

「嘘を愛する女」をフルで無料視聴できる
動画配信サービス&レビュー <ネタバレすみません>

usoai-top2

 

無料視聴できる動画配信サービス一覧(抜粋)

各サービスの登録方法

★U-NEXT に無料で登録・入会する方法と注意点

★dTV に無料で登録・入会する方法

 

memo

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

監督:中江和仁
脚本:中江和仁
主題歌/挿入歌:松たか子
出演者:
長澤まさみ、高橋一生、吉田鋼太郎、DAIGO、川栄李奈

あらすじ
その姿は世の女性が憧れる理想像。食品メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてく る。「一体、彼は誰ですか?」くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証は、すべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して、私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)と助手のキム(DAIGO)を頼ることに。調査中、桔平のことを“先生”と呼ぶ謎の女子大生・心葉(川栄李奈)が現れ、桔平と過ごした時間、そして自分の生活にさえ疑心暗鬼になる由加利――。やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に・・・・・・。なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか――。出典:filmarks.com

VOD service
おすすめVOD5選+1!

使ってみよう!VOD(動画配信サービス)! Contents1 使ってみよう!VOD(動画配信サービス)!1.1 そもそも、VODって???1.2 まずは知っておいて!メリット/デメリット2 VOD( ...

続きを見る

本当に起きた事件?「嘘を愛する女」の感想をストーリーと共に

usoai-scene4

 

由香利は、5年間も恋人に嘘をつかれていたと絶望する。

 

しかし、桔平との出会いや生活を思い出していくうちに、真実を知りたいと思い始める。

 

仕事第一の由香利が、仕事も手に付かなくなり、やっぱり好きなのだと思い、せつなくなった。

 

桔平は喫茶店でいつも小説を書いていた、と知った由香利はその小説の舞台である瀬戸内へ向かう。

 

瀬戸内の居酒屋で酔っぱらった由香利の「先に裏切ったのはあっちだから」というセリフから、自分勝手だなと思う反面、好きと憎いが共存し、苦しいのだなと思った。

 

その後、由香利は、探偵の海原を呼び寄せ2人で瀬戸内を旅するが、目ぼしい手掛かりは見つからない。

 

 

旅先で海原と言い合いになるシーンから、不安もあるが、桔平が好きという由香利の気持ちを改めて認識できましたね。

 

次の日、桔平に似ている人を造船所で見たという情報を得るが、全くの別人だった。

 

しかしその彼から、以前も警察が探していたと教えられ、広島へ向かう。

 

そこで桔平の過去が明らかに。

 

桔平は無理心中で家族を失い、行方不明者となっていたのだ。

 

そして、小説は過去の回想ではなく、未来の家族の話だった。

 

桔平は、過去のことは打ち明けられないが、前を向いて生きたいと葛藤していた。

そんな苦しさが伝わってきた。

 

その後、由香利は東京へ戻り、桔平の元へ。

本当の気持ちに気付いた由香利が泣きながら桔平に話しかける姿が、一番印象的だった。

 

せつない気持ち、愛しい気持ちが伝わってきて、少しぐっとくるものを感じた。

 

「カタルシスがない映画」なんて言われているようだが・・・

「やりきれない」気分な部分は確かに・・・だったけど。。。

作品としては良かったし、演者の演技も良かったです。

「嘘を愛する女」を、まだ観ていない人は『無料で視聴する方法』登録すれば、観れますよ!

 

↓そして、本当に起きた事件を題材にしていること

「実はこの映画は本当に起きた事件が基になっているんですよ。監督は高校生の時に辻仁成さんのエッセイである事件記事を知り、十数年構想をねっていたようです」(映画関係者)

さらに ”映画とは違った視点で書かれた” 原作小説もありますので、「観る前に読みたい!」や

映画と違う 「原作の結末は?」と思った方は以下から手に取ってみて下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-邦画

© 2020 すぅの自分時間 Powered by AFFINGER5